CAREER ADVISOR COLUMN
キャリアアドバイザーコラム

非薬剤師による調剤業務、今後どうなるの?(その1)

厚生労働省「調剤業務のあり方について」

ご存知の方がほとんどかと思いますが、
2019年4月2日、厚生労働省から「調剤業務のあり方について」という通知が発表されました。

今までグレーゾーンとされてきた非薬剤師(事務員・調剤助手)による調剤補助業務が、
今回の通達ではじめて、一部の業務において公に認められることになりました。
これを受けて、調剤薬局における薬剤師の働き方や求人マーケットが変わろうとしています。

<以下、厚生労働省から発表された内容>
1 調剤に最終的な責任を有する薬剤師の指示に基づき、
 以下のいずれも満たす業務を薬剤師以外の者が実施することは、差し支えないこと。
 なお、この場合であっても、調剤した薬剤の最終的な確認は、当該薬剤師が自ら行う必要があること。

・当該薬剤師の目が現実に届く限度の場所で実施されること
・薬剤師の薬学的知見も踏まえ、処方箋に基づいて調剤した薬剤の品質等に影響がなく、
 結果として調剤した薬剤を服用する患者に危害の及ぶことがないこと
・当該業務を行う者が、判断を加える余地に乏しい機械的な作業であること

2 具体的には、調剤に最終的な責任を有する薬剤師の指示に基づき、
 当該薬剤師の目が届く場所で薬剤師以外の者が行う処方箋に記載された医薬品
 (PTPシート又はこれに準ずるものにより包装されたままの医薬品)の必要量を取り揃える行為、
 及び当該薬剤師以外の者が薬剤師による監査の前に行う一包化した薬剤の数量の確認行為 については、
 上記1に該当するものであること。

3 「薬剤師以外の者による調剤行為事案の発生について」(平成27年6月25日付薬食総発0625
 第1号厚生労働省医薬食品局総務課長通知)に基づき、薬剤師以外の者が軟膏剤、
 水剤、散剤等の医薬品を直接計量、混合する行為は、たとえ薬剤師による途中の確認行為があったとしても、
 引き続き、薬剤師法第19条に違反すること。
 ただし、このことは、調剤機器を積極的に活用した業務の実施を妨げる趣旨ではない。

4 なお、以下の行為を薬局等における適切な管理体制の下に実施することは、
 調剤に該当しない行為として取り扱って差し支えないこと。

・納品された医薬品を調剤室内の棚に納める行為
・調剤済みの薬剤を患者のお薬カレンダーや院内の配薬カート等へ入れる行為 、
 電子画像を用いてお薬カレンダーを確認する行為
・薬局において調剤に必要な医薬品の在庫がなく、卸売販売業者等から取り寄せた場合等に、
 先に服薬指導等を薬剤師が行った上で、患者の居宅等に調剤した薬剤を郵送等する行為

5 薬局開設者は、薬局において、上記の考え方を踏まえ薬剤師以外の者に業務を実施させる場合にあっては、
 保健衛生上支障を生ずるおそれのないよう、組織内統制を確保し法令遵守体制を整備する観点から、
 当該業務の実施に係る手順書の整備、当該業務を実施する薬剤師以外の者に対する
 薬事衛生上必要な研修の実施その他の必要な措置を講じること。

(参考)厚生労働省「調剤業務のあり方について」より

非薬剤師ができること、できないこと

要約すると、調剤助手の方ができること・できないことは以下の通りとなります。

できること

・ピッキング業務
・医薬品の棚入れ
・一包化された薬剤の数量チェック
・お薬カレンダーや配薬カートに調剤済みの薬を入れる
・医薬品の郵送
・レセプト、請求業務
・その他、従来の調剤事務業務

できないこと

・調剤
・軟膏剤、水剤、散剤等の直接計量や混合

最終的に薬剤師のチェックが必要となりますが、これまでグレーゾーンとされてきた、
薬剤師以外のピッキング業務や一包化に関する補助業務を調剤助手の方が行うことで薬剤師の負担が減り、
薬剤師は調剤業務や対人業務に専念することができるので、
薬局や医療機関のサービス向上につながると考えられています。

実際、薬局に足を運ぶとピッキング監査システムを導入している会社も増えてきて、
安全に安心して業務に取り組める環境づくりをしているのが見受けられます。

今後はさらに、調剤の自動化・機械化がすすんでいくのではないでしょうか。

国家資格キャリアコンサルタント
土方 奈賀子Nagako_Hijikata

東京都出身。新卒でキャリアブレインに入社。法人営業、看護師・コメディカル職種のキャリア支援担当を経て、現在は医師を中心にキャリアの支援を行う。

人気記事
関連記事