CAREER ADVISOR COLUMN
キャリアアドバイザーコラム

【薬剤師の採用】病院・薬局のイメージ=面接官の印象?!

薬剤師の転職市場が変化してきている昨今、
採用活動がうまくいっている病院・調剤薬局もあれば、
なかなかうまくいかないところもあるのではないかと思います。

なぜ、採用活動がうまくいく医療機関と
うまくいかない医療機関という差がうまれるのでしょうか?

そこで本日は、実際に採用活動がうまくいっている
複数の医療機関の採用ご担当の皆さまに
「採用が成功するコツ」をいくつか教えていただきましたので、ご紹介させていただきます。

※参考コラム
【薬剤師の転職トレンドを知ろう! ~薬局の採用担当の皆さまへ~】

(1)面接官(採用担当者)は、医療機関の顔である
「メラビアンの法則」にもあるように、第一印象は出会って数秒で決まります。
これは一般的な会社の採用面接にも言えることかと思います。

求職者がどれだけ素晴らしい経歴をお持ちの薬剤師の方だとしても、
お会いしたご本人に魅力がなければ採用をしたいとは思わないですよね?

逆をいえば、どれだけ勤務条件や年収が良い求人だったとしても、
面接官(採用担当者)=医療機関に魅力がなければ、
求職者に選んでもらえない可能性があります。
面接官(採用担当者)は、医療機関の顔であることを
意識して面接をすることが大事ということですね。

※ちなみに、求職者の方々が医療機関を訪れた際に
最初に出会う面接官(採用担当者)へ抱いたイメージが
志望度にかなり影響するというデータがあるそうです。

また、採用がうまくいかないパターンとして多いのは、
面接官(採用担当者)と現場とのお話や雰囲気に乖離があるというケースです。
面接官(採用担当者)が現場のことを理解せず話をして、
実際現場の方にお話を聞いたら全く違った・・・というようなケースです。

つまり、採用に成功している医療機関の採用担当の皆さまは
面接官(採用担当者)は、「医療機関の顔」という意識を持って面接に臨んでいる、
ということです。

(2)求職者に対して敬意を払う
面接官が選ぶ立場であると同時に、求職者も選ぶ立場にあります。

面接官としては何人もの面接をしていると、
「この人は過去に面接して不採用にしたあの時のケースに似ている」
「〇〇のエピソードでアピールしてくる人はたいてい〇〇だ」 と
求職者を「パターン化」して判断してしまいそうになったことがある人も多いのではないでしょうか。

限りある時間の中で面接をして、合否を判断しなければならないわけですから
判断の軸を持つことは大切です。

一方で、その「パターン化」による応対が求職者からすると
「しっかりと向き合ってもらえなかった」といった印象を残してしまうこともあります。
もしそのような応対をしてしまった場合、SNSなどで会社の良くない評判を広められることも考えられます。
そのため、一人ひとりの求職者に対して敬意を払い、誠実な対応をすることは非常に大事なポイントとなります。

また、採用に成功している医療機関の中でも
医療機関全体として採用の意識が高いところは成功例が多いようです。
現場の方々と話せる時間がしっかりとれたり、
見学時にすれ違う方々との挨拶、声掛けなどでその医療機関の雰囲気を求職者は判断します。
医療機関全体として求職者に興味を持って対応することがカギだと仰る
採用担当の方もいらっしゃいました。

また、採用に成功している医療機関の採用担当の皆さまは、
日頃から勤務している方々への感謝の気持ちや敬意を払っていらっしゃいます。
確かに、そういったお言葉が面接中にでると、
求職者の医療機関に対する印象もかなり良くなりますよね。

あとは、最後にちょっとした一工夫を加えることがポイントです。

例えば、遠方から面談に来られた求職者に対して、
「こんな遠方までわざわざ来てくださって本当にありがとうございます」など
ご自身が言われたらちょっと嬉しい、という言葉をお伝えする一工夫が
意外と大事だったりするようです。

さらに、面接に来られた求職者の方が緊張していることも多いはずです。
そのため、あえて緊張をほぐすような話をしてから面接をされたり、
まずは見学から行い、話しやすい雰囲気を作ってから面接をされたり
色々と皆さま工夫をし採用に成功されていらっしゃるようです。

※ ※ ※ ※

いかがでしょうか?

面接ではもちろん医療機関とのミスマッチがないか
求職者を見極めるという目的が大前提ですが、求職者の方々も同じことが言えるのです。

『面接には来てもらえるけど、なかなか決まらない・・・』
というご相談はよくお伺いしますので、何かの参考になりますと幸いです。

人の振り見て我が振り直せ、ではありませんが
求職者の視点も忘れず、双方がハッピーになれる面接になると良いですね。
※もちろん、上記内容を網羅したからと言って
採用が確約されるわけではないので、その点ご了承くださいませ。

弊社では全国4拠点にて担当キャリアアドバイザーや
キャリアコンサルタントが医療機関の皆さまの採用や、
医療従事者の皆さまの転職成功に導く、きめ細やかなサポートに努めております。

些細な事でも、どうぞ何なりとご相談ください。

医師・薬剤師の採用成功についてもっと知りたい方はこちらもご覧ください↓
【採用担当の方へ】面接で自社の会社説明をしていますか?
薬剤師の転職トレンドを知ろう!~薬局の採用担当の皆さまへ~
求人票にはない情報を知るために、面接で質問したいこと

国家資格キャリアコンサルタント
宮森 香理Kaori_Miyamori

北海道出身。関西の大学へ進学後、新卒で入社。広島⇒神戸⇒札幌と様々な拠点にて勤務。現在は、北海道・東北エリアの薬剤師を中心に転職支援を行う。

人気記事
関連記事