CAREER ADVISOR COLUMN
キャリアアドバイザーコラム

地方で働くってどういうこと?

「地方の求人は好条件」というような話を聞いたことはありませんか。
事実、地方の求人を求人サイトで検索してみると、
都市部では考えられないような高待遇の求人がたくさん掲載されています。

興味はあるけれども仕事は激務ではないか、生活はやっていけるのか、
あまり情報もないし不安も大きく実際には行動に移せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、薬剤師として地方・僻地で仕事をするメリットとデメリットについて、
お話しをしていきます。

まず、「地方求人は高額なのか?」を考えていきます。

地方の求人には600万円以上、場合によっては800万円以上の
いわゆる高額求人がたくさんあります。

さらに、転居費用の支給、借り上げ住宅、場合によっては車も準備していただけたり。
給与以外の面でもかなりの好条件のようです。本当に至れり尽くせりですよね。

しかしながら、地方で働く薬剤師はみんな高年収というわけではありません。
大手の調剤薬局の場合、いくら地方で働いても都心の店舗勤務の薬剤師の年収額と
あまり変わらないというのが実情のようです。
「地方薬剤師=年収が高い」とは必ずしも言えないということは頭に入れておきましょう。

また、買い物する場所が近くに無かったり、
人間関係がゼロからのスタートになるため、関係構築が大変だったりということもあるようです。
ですので、地方とは言っても、少しはゆかりのある地を選ぶと良いかもしれません。

国家資格キャリアコンサルタント
M.TM_T

関西出身。大学では中国語を専攻。中国への留学経験あり。そのほか、ボランティア活動なども行う。入社後は、関西地域を中心に、幅広いエリアを担当。

人気記事
関連記事