CAREER ADVISOR COLUMN
キャリアアドバイザーコラム

薬剤師の転職は何回までが正解?

安易に転職を繰り返すのはもうやめませんか?

いざ転職をしたものの、
『職場の雰囲気に馴染めない…』『今までのやり方と全然違う…』
『事前に聞いていた話と違って…』などなど、
さまざまな理由でまた転職を考えられる方も多いかと思います。

率直に申し上げると、弊社にご相談をいただく中でも、
安易に転職を繰り返してしまい、
なかなか就職先が見つからないという方も見受けられます。

そのような方のお話を伺うと、
「100%希望とマッチする求人がない」がために、
ちょっとしたことがきっかけで転職を繰り返されているように見受けられます。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は最近、医療機関側から「転職を何回している方か」を、
事前に確認されることが増えてきました。

一般業界に比べるとまだまだ転職回数に寛大な医療業界においても、
ある程度の転職回数を超えると、
弊社から医療機関側へのご相談の時点でお断りを受けるケースも出てきています。

当然のことながら、短期間に2~3回とご転職を繰り返される方や、
転職回数が非常に多い方は、あまり印象が良いとはいえませんよね。
※もちろん、ご転職理由が誰もが納得する理由であれば例外です。
(例 家族の転勤、会社が倒産した、家族の介護など)

そこで皆さまに質問です。

転職をした後、そこで頑張れる方、また転職を繰り返してしまう方、
それぞれどんな違いがあると思われますか?

いろいろと理由はあるかと想像できますが、転職を繰り返してしまう方は、
「何か合わないところがあったら次に行けば良い…」と、
辞めるクセがついてしまっているからではないかと思います。

ただ、これまでは次の就職先が見つかっていたかもしれませんが、
数年前と比較すると、そろそろ簡単にはいかなくなってきています。

例えば、都市部は年齢制限が厳しくなってきていたり、
一方、地方は年収が以前からすると低くなってきています。

転職したけれども、合わないところがあるからすぐ辞める…のではなく、
現在の業界の動向も含め、ひと呼吸おいて少し考えてみませんか?

これまでの私の経験からも「100%希望とマッチする求人」はありません。
なぜなら希望自体もライフステージや家族の状況、
極端に言えば同僚の態度一つで刻々と変わるものだからです。
その瞬間の100%何度転職を繰り返したとしても、
しばらくするとちょっとしたことが気になってきます。

そこですぐ『転職をする』のではなく、その目の前にある問題解決のために
自分ができることは何かを冷静に見極めましょう。

どれだけキャリアのある方でも、
転職したばかりの時には、慣れない事も多く、気疲れもすると思います。

しかも最初は「もっと違う方がやり易い!」「なんでこんなやり方をするのだろう…」など、
以前の職場と比較してしまい、マイナスな面が目についてしまうもの。
でも半年もしてくればすっかり慣れ、良い所が見えてくるはずです。
ご自身でせっかく決めた転職先ですし。

現在の業界の動向がわからない、冷静に考えた上で少しでも悩まれるなどありましたら、
お気軽に弊社にご相談下さい。

※参考コラム
【もう一度冷静に考えて!早期退職を考えた際の3つのポイント】

国家資格キャリアコンサルタント
宮森 香理Kaori_Miyamori

北海道出身。関西の大学へ進学後、新卒で入社。広島⇒神戸⇒札幌と様々な拠点にて勤務。現在は、北海道・東北エリアの薬剤師を中心に転職支援を行う。

人気記事
関連記事